自己破産に対する間違ったイメージについて

自己破産に対する間違ったイメージについて

自己破産に対する間違ったイメージ

「破産に関する誤解」というテーマでお話をさせていただきたいと思います。  

 

破産という制度の存在は多くの方がご存じのことと思いますが、この制度について正確でないイメージをお持ちの方も少なくないようです。

 

ここではそのような破産に関する誤解についてご説明をしたいと思います。よくたとえば家財や日用品まで根こそぎ持っていかれるのではないかといったご心配をされる方がいらっしゃいます。

 

しかしそんなことはありません。その時点で換金すれば20万円以上の価値があるような高価品については処分の必要がある場合もありますが、その他の家財、日用品の類を持っていかれるということはありませんし、また現金も99万円までの現金しかないような場合であればそういった現金は破産者が自由に使うことができます。

 

また破産手続き開始決定後に得た財産についても自由に使うことができます。

 

次に戸籍や住民票に記載されるのではないか、あるいは周囲の人に破産の事実が知られてしまうのではないかといったご心配をされる方もいらっしゃいます。

 

しかし戸籍や住民票に破産の事実が記載されるということは一切ありません。また破産手続き開始決定は官報というものに掲載はされますが、一般の方が官報を見るということはほとんどありませんし、それが勤務先に破産の事実が通知されるということもありません。

 

自分から周囲の方に破産のことを言わない限り、周囲の方に破産の事実が知られる心配はまずないと言っていいでしょう。

 

したがって会社をクビになるんじゃないか、あるいは就職や転職に不利になるんではないかといったご心配もほとんどの場合は問題ありません。

 

ただし職種によっては破産開始決定から免責許可決定が下りるまでの数ヶ月間資格制限を受けてしまうものもありますし、あるいは破産の事実が信用情報いわゆるそのブラックリストに一定期間登録される結果、金融機関系の企業等への転職等が困難になるという可能性は、一応可能性としてはあります。

 

ただ誤解に基づいて破産についての不利益を過大視することによって不必要に傷口を広げてしまうということは大変残念なことです。ですのでご不安な点、お困りのことについては弁護士にご相談をされて、こういった誤解を取り除いた上で判断をされるということが大切なことかという風に思います。

 

破産についての誤解

「破産に関する誤解」というテーマでお話をしたいと思います。

 

「破産」あるいは「自己破産」という制度の存在は多くの方がご存じのことと思いますけれども、この制度について正確でないイメージあるいは誤解をお持ちの方も少なくないようです。そこで今日はそのような破産に関する誤解のいくつかについてご説明をしたいと思います。

 

たとえばよく家財道具やあるいは日用品まで根こそぎ持っていかれてしまうのではないかといったご心配をされる方がいらっしゃいますけれども、そんなことはありません。その時点で換金すれば何十万、数十万円以上の価値があるような高価品については処分が必要となる場合がありますけれども、その他の家財道具、あるいは日用品の類を持っていかれるということはありませんし、現金についても数十万円程度であれば破産者が自由に使うことができます。

 

また破産手続き開始決定後に得た財産については破産者が自由に使うことができます。 

 

次に戸籍やあるいは住民票に記載されるのではないか、また周囲の人に破産の事実が知られてしまうのではないかといったご心配をされる方がいらっしゃいます。しかし戸籍や住民票に破産の事実が記載されるということはありません。また破産手続きの開始決定は官報に記載されるのですけれども、一般の方がこの官報を逐一見るということはありませんし、また勤務先に破産の事実が通知されるといったこともありません。

 

基本的には自分から言わない限り、周囲の人に破産の事実が知られてしまうという心配はないと言っていいと思います。したがって会社をクビになるのではないか、あるいは就職や転職に不利になるのではないかといったご心配もほとんどの場合は問題ないと思います。

 

但し職種によっては破産開始決定から免責許可決定が確定するまでの数ヶ月資格制限を受けてしまうというものもありますし、あるいは破産の事実が信用情報に一定期間登録される結果、金融機関系の企業への転就職これに影響が出る可能性はゼロではないかもしれません。

 

誤解に基づいて破産による不利益について不必要に恐れるあまり傷口を広げてしまうということは非常に不幸なことだと思います。